下肢静脈瘤センター

当センターについて

下肢静脈瘤は、足の表在の静脈の病気で、血管の病気ですが症状は皮膚に現れます。
静脈には血液の逆流防止する機能があり、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割をして、静脈が圧迫され血液が心臓へ運ばれます。
立ち仕事や妊娠、出産などが原因で、弁の機能が壊され、逆流が発生し、静脈血が滞ること(うっ滞)になります。そのうっ滞が「つる、むくむ、だるい」などの症状を引き起こします。脚の血管が浮き出たり、太くなったり、蛇行したり、さらには症状が悪化すると皮膚に色がついてしまう色素沈着や潰瘍などの症状にも進展します。
足の血管の膨らみが最近になって気になる方も、ずっと以前から気になっている方も、一度、外来でご相談ください。

主な対象疾患

下肢静脈瘤

足の静脈に血が溜まって血管が広がり、浮き出てデコボコとコブができているように見えます。血管疾患の1つです。個人差はありますが、むくみ、冷え、痒み、湿疹などの症状もあります。初期症状は分かりにくいことが多く自覚症状が無い方もいます。
下肢静脈瘤が進行すると、静脈の炎症や血栓ができ痛みが出ます。血液がたまり栄養が行き届かなくなることで皮膚炎や、湿疹などの症状が出ます。重度になると色素沈着や潰瘍になってしまいます。
命にかかわる病気ではありませんが、間接的に他の病気に影響を与えることもあります。また、そのままにしておくと悪化してしまうので炎症による痛みが出る前に、ご受診ください。