板橋ロイヤルケアセンター

よくあるご質問
03-5915-2677
お問い合わせはこちら

Menu

相談部門Consultant

部門理念

  • ソーシャルワーク専門職として「愛し愛されるIMS」に貢献する。

基本方針

  • ソーシャルワーカー基本姿勢
    • ソーシャルワーク専門職としての価値・倫理を基盤とし、社会福祉の推進と患者さま、利用者さまの尊厳を尊重した自己実現を目指し、最良の実践を約束します。
  • クライエント支援
    • 患者さま、利用者さまの「その人らしさ」を大切にし、当事者としての力を発揮できるよう支援していきます。
  • グループ・組織貢献
    • IMSグループ、所属施設、地域社会の発展に向けて、各所属施設の機能を活かし貢献します。
  • 多職種連携・協働・チーム医療
    • 互いの専門性を尊重したより質の高いチーム医療・ケアを目指し、多職種連携・協働を実行します。
  • 教育・人材育成
    • 一人ひとりがソーシャルワーク専門職としての誇りとやりがいを持ち、安心して成長できるよう、スーパービジョン体制と教育体制を構築します。

業務内容

当施設では【入所担当】と【通所担当】と大きく2つに分かれております。

  • 【入所担当】
  • ご家族、医療機関、ケアマネジャーからの入所相談
  • ご家族面談
  • 医療機関への受診・入院調整
  • 退所支援(ご自宅、施設、病院等)
  • ご利用者、ご家族からの生活相談
  • 行政機関との連携(生活保護申請支援や成年後見制度活用支援等)
  • 自宅、病院、施設訪問(実態調査や家屋調査等)
  • 多職種連携(カンファレンス参加等)
  • 【通所担当】
  • ケアマネジャー、ご家族からの通所利用相談
  • ご家族面談
  • 見学案内、ご利用契約
  • サービス担当者会議参加
  • ご利用者、ご家族からの生活相談
  • 自宅訪問
  • 多職種連携(カンファレンス参加等)
相談部門

業務スケジュール(例)

8:30 申し送り(多職種カンファレンス)
9:30 支援相談員内 朝礼
10:00 関係機関との連絡調整。
ご家族・ご利用者との面談
担当者会議参加
入所判定ミーティング
12:00 昼休憩(交代制)
14:00 関係機関との連絡調整
見学対応
各種委員会
通所ミーティング
17:30 退勤

スタッフデータ (2021年5月1日時点)

職員数

  • 職員数 6名(社会福祉士3名、社会福祉主事3名)

研修体制・教育プログラム

IMSグループ内の急性期、回復期、老人保健施設への交換研修

キャリアアップ研修

ケースワーク勉強会

スタッフメッセージ

先輩職員より(5年目 入所担当職員より)

ご家族より「相談して良かった」と言われることに相談員としてのやりがいを感じます。介護は家庭の問題と捉え誰にも相談できずに悩んでいるご家族が多くいます。また、介護を受ける側のご本人もストレスを抱えたまま在宅生活を送られています。そのような中、当施設を利用することでお互いに休息をとって頂き、再度良い関係性が築けたときに大きな喜びを感じます。ご家族・ご利用者ともに働きかけることができることが一番の魅力です。

先輩職員より(6年目 通所担当職員より)

在宅生活を送っているご利用者に対して、多職種や地域のケアマネと連携して支援できるところに通所相談員としてのやりがいを感じます。また、ご利用者と直接関わることで、その方の在宅生活を間近でみて、介入できるところも通所を担当する相談員の魅力だと思っています。仕事が行き詰まると、よくフロアに出て、ご利用者と話をしてリフレッシュしています。

所属長より

ソーシャルワーカーの仕事は、様々な軋轢や葛藤の中に入っていくことも多く、板挟みになることも多々あります。それは施設であっても、病院であっても、地域であっても全て同じです。若手のソーシャルワーカーから「そのようなときはどのように対処すればよいですか」との質問をよく受けます。私はこう答えます。「ソーシャルワーカーとしての実力をつけることです」と。確実に着実に一緒に成長していきましょう。 

採用に関するお問い合わせ

新卒採用

IMSグループ本部事務局へお問い合わせください。

IMSグループ
相談部門
採用情報

中途採用

募集要項をご確認の上メールフォームまたはお電話でお問い合わせください。

募集要項はこちら

お問い合わせContact

まずはお気軽にご連絡ください。

ページトップへ戻る