IMSグループ医療法人財団 明理会 イムス富士見総合病院

電話番号(病院代表) 049-251-3060 お問い合わせは24時間365日受付中

病院のご案内

薬剤部

ごあいさつ

医薬品の責任者として効果から副作用まで積極的に支援し、
患者さまの安全な薬物療法へ寄与します

そのため薬剤部の中央業務である調剤や注射調製、医薬品情報管理はもとより病棟専任薬剤師を配置し、入院患者さまの薬物療法を積極的に支援する体制で取組んでいます。
また、救急受入病院として、24時間・365日対応するため、夜間当直や日祭日の日直を行っています。
薬学教育への貢献として、薬剤師を目指す学生の実務実習を受け入れ、次世代を担う薬剤師の教育にも取り組んでいます。

薬剤部長 上野 拓(薬剤師)
日本病院薬剤師会、東京都病院薬剤師会
埼玉県病院薬剤師会
医療安全管理者養成研修修了

薬物療法支援

薬物療法支援

薬物療法支援

   患者さん自身が薬物療法に参加できるよう支援します

当院では、安心して手術や薬物療法を受けて頂くために、入院時から患者さまやご家族の方にお会いして、お薬に関する説明や相談対応などを行っています。
主な内容としては、退院後の服薬のことも含め患者さまひとりひとりに適した薬剤の提案・お使いの薬の内容や使い方・管理方法などを説明し、患者さま自身が薬物療法を理解し、積極的に治療に参加できるよう支援しています。

薬物療法支援

医薬品の安全管理

医薬品の安全管理

医薬品の安全管理に取り組んでいます

医薬品は、時に正しく使用していても、副作用が起こることがあるものです。また、使用方法によっても大きな問題を起こすことがあります。
そのため医薬情報担当者は最新の医薬品情報を収集し、緊急時に即座に対応できる体制をつくると共に、副作用発生情報の管理などを行っています。医薬品情報担当者と担当薬剤師とが連携して、適正な使用方法や副作用情報の提供や指導を行い、医薬品の安全管理に努めています。
また地域のみなさまの適正な医薬品使用のための情報提供も行っています。

薬物療法支援

チーム医療で早期退院・早期治療を目指す

チーム医療で早期退院・早期治療を目指す

「チームでワーク」を合言葉に、安全・安心の薬物療法をサポートします

医療が高度化する中で、検査・診断・看護・薬物療法・社会資源のサポートなどをそれぞれの専門職が一丸となって支えています。
その中で薬剤師は、診療の適正な薬物療法の支援や、患者さまを看護する上での医薬品の情報提供、アレルギー・副作用・飲み合わせなどの確認後の調剤、抗がん剤や高カロリー輸液などの無菌調製などを行い、安全で安心な薬物療法を中心にサポートしています。

チーム医療で早期退院・早期治療を目指す

認定・専門

認定・専門

複雑化する医療の中で、専門的な領域を持つ薬剤師を育成しています

  • 抗菌化学療法認定薬剤師:1名
  • 感染制御認定薬剤師:1名
  • NST専門療法士(薬剤師):2名
  • 外来がん治療認定薬剤師:1名
  • 日本褥瘡学会認定師(認定褥瘡薬剤師):1名
  • 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師:3名
  • 日本病院薬剤師会認定指導薬剤師:2名
  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師:6名
  • 日本病院薬剤師会生涯研修履修認定者:8名
  • 埼玉県病院薬剤師会生涯研修センター:2名
  • AHA BLS Provider:2名
  • AHA ACLS Provider:3名
  • 医療安全管理者養成研修修了者:1名

2019年6月現在

認定・専門

教育・インターンシップへの取り組み

チーム医療で早期退院・早期治療を目指す

次世代を担う薬剤師の教育や薬学生の
実習指導やインターンシップを行っています

超高齢社会に対して求められている薬剤師とは、医療安全の視点や薬学的なケアだけではありません。より早期に在宅復帰するために、チームで医療をすることが重要だと考えています。
そのため、既存の薬剤師への教育も学術的なことだけではなく、他の専門職と協働し、早期に在宅に向けた薬学的なケアを行うことで臨床から学ぶことを励行しています。
次世代を担う薬学生の実務実習やインターンシップも、チームの一員としての薬剤師業務を実習して頂き、医療人としての視点を持った学生教育を目指しています。

チーム医療で早期退院・早期治療を目指す

平成30年度 研修実績

研修内容 回数
他部署合同勉強会 41
外部施設合同勉強会 0
薬剤部勉強会 38
薬剤部症例検討会 19
IMSグループ薬剤部 専門領域育成セミナー 5
IMSグループ薬剤部 年次別研修会 2
IMSグループ薬剤部 薬剤師研修会 1
IMSグループ薬剤部 中堅管理職研修会 1
IMSグループ薬剤部 薬剤部長研修 1
IMS本部 目標管理研修会 1
外部施設研修会 15

平成30年度 院内講師実績

研修項目 題名 講師名
ICTセミナー 抗菌薬が効かない時代が来ないように
今日からできること
天野永生
医薬品安全
研修会
繰り返し起きている医薬品事故事例 上野拓

平成30年度 実務実習・インターン・見学受入実績

研修項目 人数
実務実習受入 9名
インターン受入 19名
見学受入 24名

学会・研修会の実績

医薬品の安全管理

平成30年度実績 学会発表

当院における薬剤総合評価調整加算に関する現状
朝川裕太、籾山紘之、上野拓
イムス富士見総合病院 薬剤部
日本病院薬剤師会関東ブロック第48回学術大会 2018/8/25~8/26
プレアボイド報告会の取り組みと今後の課題
内田直幸、米山里奈、下田将司、上野拓
イムス富士見総合病院 薬剤部
日本病院薬剤師会関東ブロック第48回学術大会 2018/8/25~8/26
AMR対策としての抗菌薬適正使用支援の取り組み
天野永生、野嶋直哉、髙橋拓朗、芳賀雄大、上野拓
イムス富士見総合病院 薬剤部
日本病院薬剤師会関東ブロック第48回学術大会 2018/8/25~8/26
ペースメーカー埋め込み術における予防抗菌薬適正使用への取り組み
野嶋直哉1)、上西正洋2)、山崎里奈1)3)、天野永生1)4) 、上野拓1)
IMSグループ イムス富士見総合病院
1)薬剤部 2)診療部 3)循環器病棟薬剤師 4)ICT
第38回CMS学会 2017/10/1
閉鎖式薬物移送システムの導入への取り組みと現状
下田将司、上野拓
イムス富士見総合病院 薬剤部
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019 2019/3/23~3/24
平成29年度実績 学会発表

スタッフ

人数:薬剤師30名、調剤補助者4名

男女比(薬剤師):男性12名 女性18名

平均年齢(薬剤師):31.3歳

(2021年5月現在)

イムス富士見総合病院 薬剤部の1日

ローテーションにより、中央業務、病棟業務、
チーム医療などを行う体制になっています。
朝礼後は各々その日の担当業務に分かれます。

病棟業務 中央業務
朝礼・情報共有8:30

病棟回診
退院指導
内服薬・注射薬処方鑑査
初回面談 など

内服調剤
TPN・抗がん剤調製
手術室の麻薬確認
外来配置向精神薬確認 など

お昼休み12:00

病棟カンファレンス
定期指導
常備薬確認
退院指導 など

注射薬調剤
在庫確認・発注
予製薬剤の在庫確認・補充 など

終礼・情報共有
定期的に勉強会、症例検討会開催17:30

当直