先輩の声

トップページ > サービス > 先輩の声 > 看護主任 回復期リハビリテーション認定看護師 齋藤 麻衣子

看護主任 回復期リハビリテーション認定看護師 齋藤 麻衣子

回復期リハビリテーション認定看護師とは、どのような資格ですか?
また、業務内容について、教えてください。

齋藤:

回復期リハビリテーション病棟では、患者さまのADL能力(日常生活動作)を向上させ、寝たきり防止や在宅復帰を実現することを目的としています。回復期認定看護師は、他職種と連携したチームアプローチをおこない、専門的な知識・技術・態度を備えたリーダー的役割を担っています。

業務にあたる上で気を付けていることや、心掛けていることはありますか?

齋藤:

看護主任という立場でもあるので、患者さまの全身管理はもちろん、スタッフそれぞれが自分の役割を認識し、やりがいを持って業務ができるように心掛けています。そのために、看護師だけでなく、他職種のスタッフともコミュニケーションを多く取るようにしています。情報共有をしながら、患者さまが早く在宅復帰できるよう、チーム全体が関わりを持てるようなサポートをしています。 。

当院の魅力について、教えてください。

齋藤:

当院では、病棟内で他職種のスタッフと連携して、「摂食嚥下」や「栄養リハ」の取り組みを行なう「口から食べる幸せをサポートする包括的スキル」・「栄養リハビリテーション」といった研修が行なわれています。
また、回復期リハビリテーション病棟に初めて勤務するスタッフも多いので、「回復期リハビリテーション病棟ケア10か条宣言」という院内研修も実施しています。
研修を受けることで、初めての業務でも安心して働けることはもちろん、経験を積んだ先輩看護師も、指導者となって研修を行なうことで、自身の復習にもなります。
看護師として、スタッフとして、成長していける体制が整っているのが、当院の魅力だと思います。

最後に、HPをご覧になっている方へ、メッセージをお願いします。

特に、当院で専門知識を身につけ、患者さまの「食べたい」という希望を一緒にサポートしてくれる仲間が増えるとうれしいです!

インタビュー一覧へ戻る

内科リハビリに関する緊急受診はこちら!011-681-2105
ページトップへ戻る