• 文字サイズ変更

診療科のご案内

外科

外来診療担当医表

診療科紹介

当外科は、消化器・腫瘍センターと消化器内科、放射線科と一つのチームとして、臨床経験や手術経験の豊富な各専門医がお腹のがんや腹痛(急性腹症)などを診療しています。
診療の原則は、個々の患者さんが最も適切な治療を選択することを大事にし、それぞれの疾患の海外、国内ガイドラインに従い患者さんの受ける恩恵と損失を納得して選択していただきます。
お腹の癌は、食道、胃、大腸、肝、胆道、膵などの手術、抗がん剤、免疫チェックポイント阻害剤、緩和医療を、急性腹症は、虫垂炎、胆のう炎、胆管炎、腸閉塞、大腸憩室炎、大腸出血などを治療しています。
大腸がん、虫垂炎、胆のう炎、腸閉塞、鼠経ヘルニアの手術は体にやさしい(低侵襲)の腹腔鏡手術が第一選択です。鼠経ヘルニアの根治手術を午前、手術、夕方 退院の日帰り手術も取り入れています。
消化器内科医は、胃、十二指腸潰瘍の出血や大腸憩室出血の止血術、胆管炎の逆行性膵胆管ドレナージや潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患の治療を行っています。
早期の胃がんや大腸がんの内視鏡治療(内視鏡粘膜切除や剥離術)は、胃や腸を切除しないので、最も体にやさしい(低侵襲)治療です。≫内視鏡検査についてはこちら
放射線医(専門施設からの派遣)は、肝臓がんのカテーテルによる兵糧攻めや抗がん剤注入、ラジオ波焼灼術をおこなっています。
緩和医療の中で腹水や胸水の治療は、CART認定施設として症例数が大幅に増加しています。≫CART認定施設についてはこちら
肺癌や肺転移も、伊勢崎市民病院(菅野医師)と連携して治療しています。
乳がんは、群馬大学よりの乳腺専門医が派遣され、診断、治療を行っています。

尚、当院は、
日本外科学会専門医関連施設、
日本消化器外科学会専門医関連施設、
日本消化器内視鏡学会指導施設です。

* 日本外科学会のNational Clinical Database 外科系の専門医制度
* 日本消化器内視鏡学会 JED-Project
に参加しています。

腹腔鏡手術

特に腹腔鏡手術は身体への負担も軽く、術後疼痛軽減や早期社会復帰に良好な結果を得ています。
われわれが行なっている腹腔鏡手術は、急性虫垂炎、胆嚢炎、胆石症、胆嚢ポリープ、鼠径ヘルニア、 肝嚢胞などの良性疾患や大腸癌、早期胃癌などの悪性疾患や腹腔内腫瘍と多岐にわたります。
腹腔鏡手術についてのご相談、ご希望がございましたら、当外科にて詳しくご説明させて頂きます。
そのうえで必要な場合には、専門性を持ったスタッフが低侵襲手術である 腹腔鏡手術をご提供させて頂きたいと考えております。

医師紹介

大和田進(消化器・腫瘍センター長)

医師画像

出身大学
群馬大学医学部
卒業年
昭和53年
専門
消化器外科、消化器内視鏡、ピロリ菌治療
得意分野
長年の大学での経験を生かし特に肝臓・胆道・膵臓領域では血行再建(肝動脈・門脈の切除再建)を伴う拡大手術及び食道・胃・大腸・直腸骨盤の消化器全領域の手術
資格
医学博士 日本外科学会 専門医・指導医・特別会員
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
日本がん治療医認定機構 暫定教育医
日本臨床外科医学会特別会員
Emeritus Member of American Society of Clinical Oncology
Senior Member of American Association of Gastroenterology

松山秀樹(診療部長)

医師画像

経歴
日本大学医学部 卒業
板橋中央総合病院 副院長
明理会中央総合病院 院長
イムス富士見総合病院 副院長
資格
(専門医)
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会認定医
専門分野
ヘルニア、痔核等の一般外科から消化器外科全般
ご挨拶
東京女子医大消化器外科で研修、研究を終えた後、約25年間、地域医療に携わってきました。安全、安心な医療には病院スタッフ全員の協調・協力が欠かせません。当院のチーム医療を推進し、地域に貢献できれば幸いです。

中野悠平

医師画像

経歴
福島県立医科大学医学部 卒業
板橋中央総合病院後期レジデント修了
板橋中央総合病院
資格
(専門医)
日本外科学会外科専門医
一般財団法人 ライフ・プランニング・センター
「がんのリハビリテーション研修」修了
専門分野
一般外科
ご挨拶
板橋中央総合病院初、後期レジデントを修了し8年間修行をして参りました。地元群馬県に帰り微力ながら地域医療に貢献して行きます。フットワーク軽く精一杯頑張りますので、よろしくお願いします。

“国境なき医師団”での活動の様子が取り上げられました。
詳しくはこちら
YouTubeでも特集されています。
詳しくはこちら

鹿島 康薫

医師画像

経歴
弘前大学医学部 卒業
千葉大学大学院医学研究科 卒業
千葉大学第一外科学 教室入局
長野県立須坂病院
国立千葉病院(現 国立病院機構千葉医療センター)
安房医師会病院
とちの木病院
八日市場総合病院 消化器科 医長
Fox Chase Cancer Center, Postdoctral fellow, Philadelphia, USA
とちぎメディカルセンター 外科 主任医長, 栄養管理センター センター長
協和中央病院 外科 部長
資格
(専門医)
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本臨床外科学会 評議員
日本癌治療学会
日本静脈経腸栄養学会
日本緩和医療学会
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、暫定教育医
日本医師会認定産業医
栃木県癌治療懇話会 幹事
栃木県NST研究会 世話人
那須栄養リハビリ研究会 世話人
第8回日本栄養代謝学会 関東甲信越支部学術集会 世話人
医学博士取得
専門分野
消化器外科、がんの診療・薬物療法・緩和ケア、栄養管理
ご挨拶
 私は、千葉県木更津市の出身で、弘前大学医学部を卒業し、千葉大学第一外科(現臓器制御外科学)に入局しました
その後、千葉大学大学院医学研究科に入学し、細胞分子医学 清野進教授のもと基礎研究を始め、多くの共同研究を国内外の研究者と行い、Nature 誌などへの研究発表に関わり、米国 Philadelphia にある Fox Chase Cancer Center にて Postdoctoral fellow として研究に従事しました
 帰国後、とちぎメディカルセンターにて消化器固形がんの診断・手術はもちろんのこと、がん患者さんを診断から終末期まで診させていただくために、抗がん剤などを用いた薬物療法、周術期から終末期まで継続して治療を支える栄養管理、がん性疼痛に対する麻薬の使用や腹水に対する腹水濾過濃縮再静注法(CART)などの緩和ケアなど化学療法チーム、栄養サポートチーム(NST)や緩和ケアチームなどの多職種の関わる医療チームを立ち上げ、がん患者さんの診療に邁進して参りました
 無駄のない検査によって的確な診断を行い、症状をわかりやすく丁寧に説明し、診療ガイドラインをはじめとした標準治療に加え、患者さんの思いに配慮した治療を実践し、必要な治療を適切かつ迅速に受けていただけるようにします
そうすることにより、真に患者満足度の高い医療の実践に努めます
患者さん・ご家族・地域の先生方に求められ、それに応えられる医師でありたいと考えています

がん診療の3つの「あ」:あせらない、あわてない、あきらめない こんながん診療をしていきたいとおもいます

第58回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞受賞しました
詳しくはこちら

齊藤裕之 (非常勤)

得意分野
消化器外科手術の中でも腹腔鏡下手術(胆嚢摘出術など)やヘルニア・痔核・痔瘻及び胸腔鏡手術(胸腔鏡下肺のう胞切除)等

NCDについて

当科は、一般財団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
詳しくはこちらをクリックしてください。
TOPへ
IMSグループ 医療法人財団明理会 イムス太田中央総合病院

〒373-8513 群馬県太田市東今泉町875番地1
TEL:0276-37-2378(代表)


Copyright