リハビリテーション科

心臓リハビリテーションとは

心臓リハビリテーションとは、患者様のお身体を医学的に評価し、最適な運動を実施することで、疾患に対する危険な要素を排除し、予防のための教育を行うプログラムです。

患者様お一人お一人の疾患に基づく身体的・精神的影響をできるだけ軽減させ、死亡率や再発のリスクを減少させます。

心臓リハビリテーションとは

心臓リハビリテーションの有効性

  • 生活の質のが上がる

    生活の質のが上がる

  • 体力が上がる

    体力が上がる

  • 禁煙率が上がる

    禁煙率が上がる

  • 脂質が下がる

    脂質が下がる

  • 長生きできる

    長生きできる

  • 症状が出にくくなる

    症状が出にくくなる

対象疾患

循環器内科

  • 心不全
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 不整脈
  • 肺塞栓症
  • 心筋症 など

心臓血管外科

  • 大動脈瘤
  • 大動脈解離
  • 心筋梗塞
  • 心臓弁膜症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 先天性心疾患 など

リハビリテーション専門職

理学療法士(PT)

運動中の身体反応を詳細に見極めながら、早期離床に努めています。
安静による合併症を予防し、早期退院・社会復帰をサポートします。

作業療法士(OT)

その方らしい生活を取り戻せるよう、日常生活動作を治療の手段として用い、訓練をしています。
精神・認知面での支援も行っています。

言語聴覚士(ST)

コミュニケーション(聞こえ、発語)や摂食・嚥下機能に障害を持つ方の機能回復訓練をしています。
円滑なコミュニケーション、安全な摂食・嚥下を目指します。

特徴

  • 365日リハビリ

    365日リハビリ

    リハビリ入院中の患者様へのリハビリテーションは、365日、毎日実施しています。

  • 早期離床

    早期離床

    安静による合併症を予防するため、経験豊富で知識に長けたスタッフが、急性期より介入します。

  • 多職種での介入

    多職種での介入

    循環器の専門病院ではありますが、リハビリテーションに於ける3職種
    (PT、OT、ST)が揃っており、連携しながらリハビリを進めています。

退院後の生活のサポート

  • 入院中

    入院中

    退院後の生活を見据え、環境調整やサービスの導入などを検討し、不安なく退院して頂けるようサポートしています。また必要に応じて、退院前にご自宅に同行させて頂き、より安全で安楽な生活を送るための方法を一緒に考えさせて頂くこともあります。

  • 退院後

    退院後

    外来リハビリテーションでは、できるだけ早く元の生活に復帰できるよう、体力の向上を目指しています。
    併せて、ご自身で体の管理ができる能力を身につけて頂けるよう指導も行い再発予防に努めています。

外来心臓リハビリテーション

効果・目的

  • 身体機能の向上

    心臓への負担を軽減させるため、運動によって筋力と心肺機能を向上させます。

  • 自己管理能力獲得

    再発予防のために、ご自身で身体の管理をする能力を養って頂けるよう、教育を行っています。

  • 状態の確認

    お体の状態を確認させて頂き、悪化があれば速やかに治療に移ることができるよう医師と連携します。

他院で受診または手術をされた方で、当院の外来心臓リハビリを希望される場合は・・・

  • 現在通院されている病院から当院宛の紹介状を作成してい頂きます。
  • 紹介状持参のうえ当院を外来受診し、当院リハビリを希望される旨をお伝え下さい。
  • 初回リハビリの予約をお取ります。
心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションにおける負荷試験と評価

CPX(心肺運動負荷試験)とは

専門医と共に、運動中の心電図測定、呼吸気のガス分析を行います。この検査により、運動時の息切れや動悸などの診断、心疾患・心不全の重症度、運動をする際の適切な運動強度の設定を行うことができます。

CPX(心肺運動負荷試験)
村瀬 訓生先生

村瀬 訓生先生

【認定資格】

  • 心臓リハビリテーション認定医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本医師会認定産業医

【学会役職等】

  • 日本リハビリテーション学会 評議員
  • 日本体力医学会 評議員
  • 日本脈管学会 評議員
  • 日本運動療法学会 理事

入職を希望される方へ

入職を希望される方はこちら