当院リハビリの特徴

屋外 歩行
集団調理

リハビリテーション科 コンセプト

私たちは「患者・家族が思い描く生活の実現」を共通理念として持っています。一般的にリハビリテーションとは障害の有無に関わらず様々な手段を用いて社会的に最も適した機能水準を獲得することによって人生を変革させていくことです。障がいを持った方が社会で充実した生活を送れるように機能的アプローチや日常生活動作(ADL)練習だけでなく、社会参加や退院後に必要となる作業や活動を支援します。

「患者・家族が思い描く生活の実現」のために

私たちは退院後の生活に向けて心身機能の回復に取り組みます。常に機能回復の最新の知見を中立的に学習し、効果のないことをやり続けないようにしています。一方、リハビリテーションは単に心身の回復だけではありません。私達は障害が残る、残らないにかかわらず、患者さまの思い描く退院後の生活を共に相談しながら実現するお手伝いをさせて頂くことが重要であると考えています。患者さまと共に歩むとは患者さま、ご家族が希望する退院後の生活を教えて頂き、職員と相談しながら共に目標を立て、共にリハビリを展開していくということです。従って、当院ではまずは患者さま、またはそのご家族等の思い描く退院後の生活をお聞きすることから始めます。ある方は仕事へ復帰することかもしれませんし、ある方は電車に乗って買い物に行くことかもしれません。様々な角度から患者さまと同じ目線で、これから歩む人生の道程の1区間、伴走者として支援することを大切にしています。

リハビリイメージ②

専門職として専門的に

従来回復期リハビリテーション病院では、PT・OT・STが似た内容のアプローチをすることも多いですが、当院ではお互いの専門性を尊重し、より効果的なリハビリを提供しています。理学療法(PT)では身体機能と生活を結びつけること、作業療法(OT)は様々な活動を手段または目的として支援すること、言語聴覚療法(ST)はコミュニケーションや食べる機能を生活に結び付けることを各職種が専門性を全うすることによって深く綿密に治療を進めていくことができます。各職種の専門性を活かすために様々な機器を利用した先進的なリハビリテーションも実践しています。

PTイメージ
OTイメージ
STイメージ
動画でみる施設

×