施設の特徴

看護小規模多機能型居宅介護は三芳町では初の施設です。
また、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)も一緒に入った複合施設として開設します。
グループホームには看護師が定期的に巡回をするので、医療依存度の高い認知症の方も受け入れが可能となります。

東日本に35の病院、17の老人保健施設、6の特別養護老人ホーム・有料老人ホームを有し、
病床数約12,000床、職員22,000人の規模を誇る日本有数の医療法人グループのIMS(イムス)グループの介護分野を担う、
株式会社ハンドベル・ケアが運営する複合型サービス事業です。

NEWS

施設概要

建設地 埼玉県入間郡三芳町上富
敷地面積 11,033.58㎡
構造規模 鉄骨造 地上3階建て(建築面積3,033.80㎡、延べ床面積12,846.60㎡)
1階:看護小規模多機能型居宅介護、2・3階:グループホーム(2ユニット)
事業内容 看護小規模多機能型居宅介護
認知症対応型共同生活介護
工期 2023年 春竣工予定

アクセス

最寄駅 東武東上線「鶴瀬駅」・「ふじみ野駅」よりライフバス乗車15分程度
バス路線 「角屋」バス停より徒歩1~3分程度
「鶴瀬駅」から乗車
[4]鶴見駅西口~三芳中学校経由・西原住宅循環線
[6A]鶴瀬駅西口~上富経・ふじみ野駅西口折り返し線
「ふじみ野駅」から乗車
[6A]鶴瀬駅西口~上富経・ふじみ野駅西口折り返し線

サービス内容

看護小規模多機能型居宅介護、
認知症対応型共同生活介護の機能を有する複合施設です。
  • 看護小規模多機能型居宅介護(看多機)

    24時間365日の運営で「通い」「泊まり」「訪問看護」「訪問介護」を一つの事業所が提供します。サービスの管理は看多機に配置されたケアマネジャーが一元的に管理します。 そのため、利用者様やご家族様の状況に、可能な範囲で対応できる柔軟なサービス提供ができるようになり、 状態の変化などによる急な「泊まり」の受けや夜間の自宅訪問などにも対応できる体制を整えてます。

  • 認知症対応型共同生活介護
    (グループホーム)

    認知症の人だけのケア付き住宅です。家庭的な環境と地域住民との交流のもとで、介護スタッフによる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者がもっている能力に応じて自立した日常生活を営むことができるようにする目的で提供されるサービスです。

採用情報