logo

診療受付時間

午前 8:30〜11:30
午後 13:30〜16:30
休診 土曜午後・日曜日・祝日
※土曜日は午前のみ

外来担当医表

休診・代診予定









ページTOPへ戻る

薬局

薬剤部

薬剤部は薬剤管理指導業務・病棟薬剤業務を通して患者様に寄り添い、医薬品の責任部署として中央業務から病棟業務まで幅広く活動しています。
がん化学療法、感染対策、医療安全、NST、褥瘡、血栓、肝疾患等のチーム活動を通じてチーム医療に参画しています。
専任の病棟薬剤師を配置し、常駐体制の試行を行っています。

薬剤部

業務内容

主な業務としては、調剤・製剤、注射薬の供給、医薬品情報管理、注射薬の無菌調製、抗がん剤ミキシング、入院外来の持参薬鑑別、薬剤管理指導業務、病棟薬剤業務などを行っています。また、薬事審議会は勿論のこと、化学療法委員会、栄養サポートチーム(NST)、感染対策委員会、褥創対策委員会、医療安全管理委員会など、チーム医療にも積極的に参加し、医薬品の適正使用に努めています。 現状、宿日直は行っていないが、待機体制を敷いて、薬局への要望に対応しています

調剤室

注射・調剤ともにオーダリングシステムを導入し、薬剤部門システムにデータを集約し、全自動錠剤分包機や散薬分包機にデータ移行することで一包化調剤や散薬分包を行っています。処方鑑査は最新指示データとなるオーダー画面を利用し、指示と調剤のタイムラグによって起こるインシデントに対応しています。
また、入院外来の持参薬鑑別は薬剤部門システム内にて行い、持参薬鑑別書を作成し、薬歴に反映しています。作成された鑑別書はオーダリングシステムから医師が確認でき、継続処方情報など処方時の参考資料となっています。

調剤室

病棟業務

各病棟へは担当薬剤師を割り当て、患者様の入院時に、これまでの服薬状況を把握し、医師及び担当看護師に情報を提供しています。入院治療中は勿論のこと、処方変更時や退院時には服薬指導を行い、アドヒアランスの向上に努めています。
病棟薬剤業務実施加算も算定し、病棟への薬剤師常駐を念頭に、病棟業務展開を図っています。

病棟業務

注射剤の供給

急性期病棟における注射処方は、その病態の変化とともに頻繁に処方変更がなされています。当院では薬剤師が処方変更に極力対応することとし、前日までは可能な限り処方薬剤の入替えを行って注射供給をしています。
また、看護師の業務に合わせて、日勤帯、準夜帯、深夜帯に分けて供給しているので、適正な投与間隔及び投与時間を遵守することに貢献しています。
クリーンベンチ及び安全キャビネットを導入し、無菌製剤処理や入院・外来ともに抗癌剤全ての無菌調製業務に対応しています。

病棟業務

専門・認定資格

日本薬剤師研修センター
認定実務実習指導薬剤師 3
日病薬病院薬学認定薬剤師 2
感染制御認定薬剤師 1
外来がん治療認定薬剤師 1
抗菌化学療法認定薬剤師 1

IMSグループは、薬剤師のレベルアップのため、認定・専門薬剤師養成に力を入れています。それぞれの疾患、個々の患者様に応じ、薬学的管理及び専門的指導を提供できるように日々研鑽しています。また、平成27年度より薬学実務実習生の受け入れを行っています。

がん化学療法レジメンの公開について

当院では、化学療法委員会にて審査・承認されたがん化学療法レジメンを公開しております。
他の医療機関・保険薬局との連携・情報共有とともに、当院でがん化学療法を受けられる患者さまの適切な薬物療法の管理を目的としております。
以下の内容をご確認の上、ご同意いただける場合のみレジメンをご参照ください。

  • 公開しているレジメンは標準的な施行時の内容であり、患者さまの状態により変更される場合があります。
  • レジメンは当院でがん治療を受けられる患者さまに適切な薬物治療の管理を行い、安全で安心な医療を提供することを目的として、保険薬局の薬剤師等の医療関係者が利用するためのものです。
  • レジメン内容は適宜更新される場合があります。

がん化学療法レジメンに関するご相談・お問合せ

TEL:011-611-1391
(代表)薬局

E-mail:iss-dispensary@ims.gr.jp

トレーシングレポート(服薬情報提供書)をご活用ください

トレーシングレポート(服薬情報提供書)とは、患者から聞き取った情報(アドヒアランス、残薬調整、複数病院受診、OTCや健康食品の服用)など、「緊急性を要さない(即時性の低い)情報」について処方医師へフィードバックするレポートです。

保険薬局の方におかれましては、「即時性は低いものの処方医師へ情報提供した方が望ましい」と判断された内容がありましたら下記様式をダウンロードしていただき、事項を記入していただいたのち、FAXで薬局まで送信をお願いいたします。

※トレーシングレポートによる情報伝達は疑義照会ではありません。疑義照会は通常通り担当へ電話にてお願いします。

FAX:011-558-3332
(薬剤部直通)

研修体制・教育プログラム

新人教育チェックリストを活用して、進捗状況を確認することにより指導漏れを防ぐ体制をとっています。また、グループの教育研修会には新人研修や専門領域の研修などがあり、認定資格取得のためのサポートが充実しています。

職員数

常勤  12名
非常勤 1名
2021年4月1日時点

薬剤部

平均年齢

31歳
2020年10月20日時点

出身校

北里大学・北海道医療大学・北海道科学大学

1日の業務スケジュール

8:30 病棟回診同行
9:00 退院指導、入院患者の持参薬鑑別、処方提案、疑義照会等
12:00 昼休み
13:30 多職種カンファレンス参加
14:00 入院患者服薬指導 
16:00 薬剤管理指導記録記載

求職者へのメッセージ

【先輩職員より】
当院は消化器内科を中心に、抗がん剤による治療や、手術による外科的治療、慢性肝不全、膵炎、胆石等の消化器疾患全般等、臨床における消化器に関する様々な病態に触れることができます。 20代後半から30代前半の年齢の近い薬剤師が中心となって、調剤、抗がん剤やTPN製剤混注、監査等の中央業務、患者応対、各種指導、疑義照会等の病棟業務を、日時対応し、研鑽を積んでいます。 1年目から、一通りの業務が対応できるように先輩薬剤師から丁寧に指導致します。是非、一緒に患者様の薬物療法のサポートをしてみませんか!

【所属長より】
消化器・呼吸器・循環器・糖尿病・外科・整形・脳神経など多くの診療科を通して、地域の患者様に愛されている病院です。患者様を断らない病院、早く、きれいに、低侵襲で、をモットーにして診療しています。

募集要項

求人情報