logo

診療受付時間

午前 8:30〜11:30
午後 13:30〜16:30
休診 土曜午後・日曜日・祝日
※土曜日は午前のみ

外来担当医表

休診・代診予定









ページTOPへ戻る

整形外科

整形外科について

当科では、全身の運動器を造りあげている骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(捻挫・打撲・骨折)による損傷、加齢による障害などの治療を行っております。
個別の症状に応じてX線・CT・MRI・超音波診断装置(エコー)・骨密度測定などの検査機器を用い、ケガ・病気に対し早期診断・治療を心がけております。

ct

診療内容

外傷から慢性疾患まで幅広く診療を行っています。
また専門性(肩・肘・手、関節)を生かした診療やアドバイスを行っています。

対象疾患

  • 外傷(捻挫・打撲・骨折)
  • スポーツ障害
  • 骨粗鬆症

治療法は、「手術治療」と「保存的治療」があります。「保存的治療」とは、手術を要さない治療のことで、運動機能を回復させる「リハビリテーション」や「注射・投薬」のことです。「手術治療」の際はそのメリット・デメリットについて十分説明し、患者さま、またそのご家族が納得された上で手術を行っています。また、術後のリハビリでは早期の機能回復を目指しています。
保存・手術を問わず、十分なインフォームド・コンセントの基、「患者さま一人ひとりをしっかり診る」というコンセプトで治療を行っております。

最後に・・・

整形外科の疾患は他科に比べ、治療にバリエーションが存在します。当院では、診察・治療の中で症状や治療方法について十分に説明いたします。当院で治療が難しい場合は、高次機能医療施設へのご紹介をさせていただきます。また、術後のリハビリテーションについては回復期リハビリテーション病院へのご紹介もさせていただきます。
患者さまにとってベストの治療法は何かを考え、説明と同意の上、診療を行っております。

リハビリ

医師紹介

医師

氏名 荒井祐介(あらい ゆうすけ)
卒業大学 獨協医科大学
学会認定資格
所属学会
日本整形外科学会認定専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定リハビリテーション医
日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医
日本DMAT隊員