ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業要件)

  1. 所定の期間在学し本校の定めた教育目標に沿って設定された科目を履修することにより、所定の単位を全て修得している。
  2. 看護専門職者としての倫理観を持ち、日頃から医療従事者として相応しい行動を心がけることができ、不足の事態においても人々の健康・生命を守るための行動をする意識を持ち続けることができている。
  3. 看護の発展、自分自身の看護実践力の向上に対しあくなき努力を継続する姿勢が備えられている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

グローバル化する社会に対応できる優れた実践力ある看護師の育成を目指し、“3+one”をカリキュラムポリシーとする。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

看護学は実践の科学であり臨床現場において様々な健康障害のある対象、様々な状況下において知恵と体を駆使して看護に当たらなければいけない。本校のカリキュラムはそのような考えにより構成されていることから以下の5つを本校の求める学生像とする。

求める人材像

  1. 環境に左右されることなく、いかなる状況下においても看護の対象者に必要な看護を提供できる健康な体と身体能力を備え、さらに環境に適応できる柔軟な思考力を有しているもの。
  2. 自ら健康的な生活を営み、健康維持に必要な環境を整えること、バランスの取れた食生活を送れていること、健康を維持するための活動と休息を取ることができ、さらにその必要性について自らの考えを述べる力を有しているもの。
  3. 高い道徳心を持ち、社会で共存する人々の健康を害する物や事柄において問題意識を持ち、その問題解決に向けた行動力を示すことができるもの。
  4. 常に社会情勢に目を向け、看護者に求められる社会のニーズが何かについて考え学び続けることができるもの。
  5. アサーティブなコミュニケーションをとり、目的を達成するために協力・協調し集団の中で献身的に役割を担えるもの。
ページトップに戻る