ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業要件)

  1. 所定の期間在学し本校の定めた教育目標に沿って設定された科目を履修することにより、所定の単位を全て修得している。
  2. 看護専門職者としての倫理観を持ち、日頃から医療従事者として相応しい行動を心がけることができ、不足の事態においても人々の健康・生命を守るための行動をする意識を持ち続けることができている。
  3. 看護の発展、自分自身の看護実践力の向上に対しあくなき努力を継続する姿勢が備えられている。

以上の要件を踏まえ教育目標に到達できたものに卒業を認定する

  1. 生まれ育った環境、多様な文化、歴史から個別性を理解するための能力
  2. 多様な価値観を持った人々との関係性を築く能力
  3. 医療人としての倫理観を身につけ、看護者としての責任と自覚をともなった行動が取れる能力
  4. 様々な知識を統合させ、対象の状態に応じた臨床判断を行う基礎的能力
  5. 健康の保持・増進、疾病の予防及び健康の回復に関わる看護を健康の状態やその変化に応じて実践する基礎的能力
  6. 多様な場で生活する人々へ看護を提供するために、他職種を理解し、調整者としての役割を担う能力
  7. 専門職業人として看護への探究心と学習意欲を持ち、看護の質向上に向け学び続ける能力

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

「自学探究力」「状況判断能力」「客観的自己評価力」の3要素を備えた実践力ある看護師の育成を目指し、3+oneを横断的に教育方法として取り入れ科目間の繋がりを明確にし教育目標の達成を目指す。そのため+one以外の105単位全てを必須科目とする。

  1. シミュレーション教育:実践には科学の裏付けが必要であることを念頭に、シミュレータや模擬患者を用い看護実践の場に即した授業を領域・分野問わず取り入れ、看護が実践の科学であることを学べるよう構成する。
  2. ICT教育:看護が実践の科学であることことを明確化していくため、STEAM教育の考えを取り入れ創造的で科学的な学びができるカリキュラムを構成する。またICT機器を有効に活用し学生の興味関心を喚起し、自ら学び疑問に対しては探求し続けることの楽しさや、疑問を解決した時の達成感を感じ取れるよう授業に仕掛けを講じる。
  3. 国際看護教育:さまざまな文化・宗教観を受け入れ、対象の育った環境と価値観を尊重し看護を行う能力の基盤を育てられるように、専門領域に幅広く英語や多文化など国際看護の視点を含めた授業構成を行う。
  4. +one 看護研究:学生の「もっと学びたい」という思いに応え看護に対する探究心を喚起する。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

看護学は実践の科学であり臨床現場において様々な健康障害のある対象、様々な状況下において知恵と体を駆使して看護に当たらなければいけない。本校のカリキュラムはそのような考えにより構成されていることから以下の人材を本校の求める人材像とする。

求める人材像

  1. 環境に左右されることなく、いかなる状況下においても看護の対象者に必要な看護を提供できる健康な体と身体能力を備え、さらに環境に適応できる柔軟な思考力を有しているもの。
  2. 自ら健康的な生活を営み、健康維持に必要な環境を整えること、バランスの取れた食生活を送れていること、健康を維持するための活動と休息を取ることができ、さらにその必要性について自らの考えを述べる力を有しているもの。
  3. 高い道徳心を持ち、社会で共存する人々の健康を害する物や事柄において問題意識を持ち、その問題解決に向けた行動力を示すことができるもの。
  4. 常に社会情勢に目を向け、看護者に求められる社会のニーズが何かについて考え学び続けることができるもの。
  5. アサーティブなコミュニケーションをとり、目的を達成するたに協力・協調をし集団の中で献身的に役割を担えるもの。
ページトップに戻る