教育理念・目的・目標

愛し愛されるIMS~患者様の喜ぶ医療と介護を求めて~
  • ITABASHIの「I」は、「愛」「会い」「合い」「EYE」を意味し人の姿を表現
  • MEDICALの「M」は、医療に関わる人々(医師およびスタッフ等)が患者さまに対して手を当てている姿を表現
  • SYSTEMの「S」は、医療スタッフが協調・協力し支えあうことを表現
教育理念

豊かな人間性を培い、人間を深く理解する心を持って個人を尊重し、生命に対する畏敬の念を持った心優しい愛し愛される医療人になることを目指している。

教育目的

看護に必要な知識・技術・態度を国際的視点で修得し、グローバル化する社会で貢献できる看護師を育成する。

教育目標
  • 生命尊重の精神を基盤とした調和のとれた豊かな人間性を養う。
  • 国際的な視野で看護を学ぶと共に、文化的・地域的な格差と差異に配慮し看護を実践する基礎的能力を養う。
  • 科学的根拠に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。
  • 自分とは異なる立場や文化、価値観を持つ人々と関係を築く力を養う。
  • 保健医療福祉の役割を担う一員として、看護に対する責任を自覚した専門職業人としての姿勢を養う。
  • 地域医療の看護に関心を持ち、自己を見つめ主体的に看護を探求する姿勢を養う。
ページトップに戻る