実習

臨地実習目的

知識・技術・態度を統合し、
あらゆる健康段階にある対象に応じて、
根拠のある看護実践力を養う。

臨地実習目標

実習
  • 人間を生理的・精神的・社会的側面から統合体としての人間を理解することができる。
  • 対象に関心を寄せながら、他者理解、自己理解を深め援助的人間関係を築くことができる。
  • 理論を活用して、科学的根拠に基づいた知識を持ち、対象に即した看護展開ができる。
  • 原理・原則に基づき看護技術を対象に応じて安全に実践することができる。
  • 保健医療チームの一員としての自覚を持ち、その役割を意識し、責任のある行動がとれる。
  • 専門職業人としての看護を探求し、自己の看護観を養う。
  • 自己の課題を明確にし、主体的に学習できる。

専門分野Ⅰ 基礎看護学実習

(1年時)

専門分野Ⅱ 成人看護学実習

(2・3年時)

専門分野Ⅱ 老年看護学実習

(2・3年時)

専門分野Ⅱ 小児看護学実習

(3年時)

専門分野Ⅱ 母性看護学実習

(3年時)

専門分野Ⅱ 精神看護学実習

(3年時)

統合分野 在宅看護論実習

(3年時)

統合分野 統合実習

(3年時)

ページトップに戻る