作業療法部門

トップページ > 病院概要 > リハビリテーションセンター > 作業療法部門

作業療法とは

障害を持つと以前と同じような生活(作業)が難しくなります。作業とは、人間が生まれてから死ぬまでに行っている行動をさします。日常生活動作(移動、食事、更衣など)や仕事、音楽やスポーツなどの趣味活動も作業の一つになります。作業療法では、その人らしい生活(作業)が出来る様に、一緒に問題を共有し、一緒に解決していきます。

作業療法 集合写真

当院の作業療法

・対象者と一緒に行う
・現在ー過去ー未来を結びつける
・作業との結びつきを理解し、作業遂行分析に焦点をあてる
・対象者の健康(満足)を効果とする

作業療法を行う上で、クライアントと治療的信頼関係を築くのはとても重要です。当院では介入にあたり初回に必ず面接を行います。クライアントが「したい作業」、「する必要がある作業」、ご家族や周りの人から「期待されている作業」など課題を明確にします。
自分の必要な作業を語れる人は問題ありませんが、表出が難しい場合はご家族からクライアントの作業ストーリーを聴取したり、観察評価から予測したり工夫しながら治療計画をたてます。

作業療法

クライアントの課題が明確になったら、課題遂行観察と遂行分析を行います。できる限りクライアントが課題を行う環境で観察することが望ましいですが、病院では類似環境下であるADL室を利用して行うことが多いです。
「機能」ではなく「作業」に焦点をあてる作業療法士に
とって、とても重要な評価の一つです。

作業療法

当院では、自動車運転もクライアントにとって必要な作業と考えています。他の作業と違って法律で定められていることも多く、病院だけでは運転の可否は判断できませんが、運転に必要な評価を実施しています。
運転が行えないことになっても、目的の場所までの移動手段を検討するなど何とか作業に結び付けることを考えています。

作業療法

作業を行う上で両手はとても重要です。病気によって上肢に麻痺などの障害が残存した場合には、適応に応じて機能的電気刺激など最新の治療器具を導入しています。

作業療法

作業療法では作業(生活行為)が、「楽に、安全に、効率よく、一人でできる」ことを目指しています。その為、クライアントが生活する場所(自宅等)、 生活している場所(病棟)でリハビリを行います。生活行為を上手に行うには、環境に慣れることも重要だからです。

作業療法

このように、作業療法士は各患者様と一緒に退院後の生活を想定しています。患者様にとって重要な作業を一緒に見つけ出し、作業を用いてリハビリテーションを行います。

教育システム

作業療法セクションの教育ビジョンは「作業療法に魅力を持ち、自分自身で問題点に気付き、その課題に対して学び・成長し続けられる人材育成を目標とする」です。
入職後はポートフォリオを各自作成し、結果からマイナスを探すのではなく、プロセスからプラスを見出してもらうような研修会を開催しています。

資格取得者

  • 認定作業療法士(1名)
  • AMPS認定評価者(5名)
  • がんのリハビリテーション研修会修了者(2名)
  • MTDLP 実践者研修修了者(5名)

生活困りごと相談

生活困りごと相談で扱う”生活行為”とは利用者が行うすべての「やりたい行為」「やる必要のある行為」「やる事を期待されている行為」を指しています。生活困りごと相談の最大の目的は生活行為の数を減らさず、利用者の健康を維持することです。生活行為の数を減らさないためには利用者がやりづらさを感じている行為に焦点をあてる必要があります。生活困りごと相談は利用者の生活している場所で観察、評価、介入を行い、短期間で結果を出すことを目指しています。生活行為に特化した作業療法を提供する当院独自の試みです。

ポスター

リハビリテーション部門一覧に戻る

内科リハビリに関する緊急受診はこちら!011-681-2105
ページトップへ戻る