薬剤科

トップページ > 部門紹介 > 薬剤科

IMSグループ薬剤部基本理念

患者さんのQOLの向上のために、適正かつ安全な薬物療法を実践する

IMSグループ薬剤部基本方針

1.患者さん一人ひとりの薬物療法の安全と質の向上に寄与する
2.相手の立場や気持ちを尊重する薬剤師を育成する
3.薬剤部職員の自己成長を支援する
4.グループ組織へ主体的に貢献する
5.院内外多職種と連携し心のこもった患者中心の医療を実践する

スタッフ構成(平成30年8月現在)

薬剤師4名(常勤)
  • 感染制御認定薬剤師:1名
  • NST専門療法士:1名
  • 実務実習指導認定薬剤師:2名
  • 生涯研修認定薬剤師:2名
  • 日病薬病院薬学認定薬剤師:2名
助手 1名
スタッフ集合写真

薬剤科について

当院は、患者様に医薬品が安全かつ適正に使用されるよう日々努めています。
主な業務としては、調剤・製剤、注射薬の個人払い出し、医薬品情報管理(DIニュース発行など)、注射薬の高カロリー輸液混注業務(非無菌条件下)、入院患者様の持参薬鑑別、外来処方箋の確認、薬剤管理指導業務、プレアボイド報告、薬剤総合評価調整加算業務などを行っています。
薬事審議会は勿論のこと、感染対策委員会、NST・褥瘡委員会、医療安全対策委員会など、チーム医療にも積極的に参加しています。
特に医療安全、感染、NSTの業務に関しては、医療安全管理者講習受講者、感染制御認定薬剤師、NST専門療法士が積極的に関わり、院内のインシデント、アクシデント分析、抗菌薬適正使用の推進、手指衛生遵守率の向上、輸液の投与速度などチームに欠かせない存在として活動しています。
現状、病棟業務実施加算は病棟の分類上加算算定はできていませんが、それに準ずる業務を行っています。また、当院はグループ病院である、イムス札幌消化器中央総合病院と連携して、実務実習の受け入れを行っております。

調剤業務

調剤・注射共にシステムを導入しており、全自動で錠剤分包機や散剤分包機にデータ移行することで、一包化調剤や散剤分包を行っています。
また、入院患者様の持参薬鑑別は持参薬鑑別システムを用いて業務を行っており、作成した持参薬鑑別書は医師に確認してもらい、継続指示、院内処方を出す際の参考資料となっています。

病棟業務

各病棟へは担当の薬剤師を割り当てて、患者様の入院時に初回面談を実施し、これまでの服薬状況を把握し、医師及び看護師に情報を提供しています。特に回復期・慢性期病院では患者様が複数の医療機関を受診していることが多く、医師の診療情報提供書だけでは十分な情報を得ることが困難なため、特に重要な業務の一部となっております。
入院治療中は勿論のこと、処方変更時や退院時には患者様本人だけでなく、ご家族様にも服薬指導を行い、アドヒアランスの向上に努めています。今後、病棟への薬剤師常駐を念頭に、病棟業務展開を図っています。

注射剤業務

回復期病棟における注射処方は、一定の内容多いが、一般(障害)病棟は病態の変化と共に頻繁に処方変更がなされる場合があります。
当院では薬剤師が、ほぼ全例処方変更に対応し、患者ごと個別に注射剤をセットして病棟に供給しております。
現在、高カロリー輸液は感染やコアリングのリスクを考え、薬剤科で混注業務を行っていますが非無菌条件下で混注を行っています。将来的にはクリーンベンチを導入し、正式に無菌製剤処理業務として開始していく予定です。

教育研修

  • 医局・薬剤科の合同説明会(毎週木曜日)
  • 薬剤科内勉強会(月1~2回)
  • 薬剤師会・病院薬剤師会主催研修会
    (北海道薬学大会、臨床セミナー等)
  • 各種学会への所属
  • 各種学会への発表

実績

2014.05 第61回北海道薬学大会

「持参薬鑑別業務の現状把握と問題点の抽出」

2014.07 第3回北海道医療安全研究会

「持参薬使用の有用性とリスク」

2014.09 第24回日本医療薬学会

「持参薬鑑別業務における薬剤と情報の問題点」

2014.11 第19回札幌病院薬剤師会会員発表会

「持参薬鑑別時における薬剤と情報の乖離」

2015.11 第20回札幌病院薬剤師会会員発表

「抗菌薬使用状況に関する客観的評価指標の検討
~Defined daily dose(DDD)とdays of therapy(DOT)の比較~」

2016.07 平成28年度第1回感染制御専門薬剤師セミナー

「ゼロからはじめる中小病院薬剤師の感染制御」

2017.07 第3回看護師の為の臨床薬理学研究会in北海道(PEACH)

「看護師が知っておきたい抗菌薬の基礎知識~事例を基に~」

2018.02 日本環境感染学会

「長期入院病棟における手指衛生アドヒアランスの現状とその向上のためのプログラム構築」

2018.05 第65回北海道薬学大会

「持参薬代替処方時における降圧薬の同等性に関する検討」

病院見学のご案内

内科リハビリに関する緊急受診はこちら!011-681-2105
ページトップへ戻る