IMSグループ医療法人財団 明理会 春日部中央総合病院 (厚生労働省臨床研修指定病院・日本医療機能評価機構認定病院)

お電話でのお問い合わせ (24時間365日対応) 048-736-1221

診療科のご案内眼科

診療活動

眼科では一般的な視力検査、眼圧・眼底検査、視野検査(2種類)のほか、超音波検査、網膜電位図、フルオレセイン蛍光眼底造影(FA)などの特殊な検査にも対応しております。またコンタクトレンズ、メガネの処方も行っています。

今後も医師、看護師、検査技師、眼鏡師と連携しチーム医療で患者様の治療に当たります。

コンタクトレンズの処方に関する注意

・コンタクトレンズの処方せんは発行しておりません。
(院内での購入に限ります)

・コンタクトレンズ処方の受付は、毎週火曜日の午前・完全予約制ですので、当院代表番号にお電話いただき、ご予約を取っていただくようお願いいたします。
(代表番号:048-736-1221)

OCT・OCTA(OCT アンギオグラフィー)

OCT(光干渉断層計)検査とは、網膜(カメラで例えるとフィルムに当たる部分)の断層画像を撮影する検査です。

OCT検査は、診察だけでは分かりにくい網膜の状態を明らかにし、網膜疾患に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。OCT検査を必要とする代表的な眼の病気は、網膜剥離、黄斑円孔、黄斑浮腫、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、緑内障などです。
OCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)とは、網膜、黄斑部の血管の状態を評価する検査です。
造影剤を使用せず血管撮影が可能です。
(病態によりOCTアンギオグラフィーは撮影範囲が限られているため、従来の蛍光造影検査が必要な場合もあります)
OCTアンギオグラフィーを必要とする代表的な眼の病気は加齢黄斑変性、糖尿病網膜症などです。

網膜断層解析装置 OCT

スタッフ

医師 多田 篤史(ただ あつし)

診療実績

H29 H30 H31 R2 R3
1日平均外来患者数 41.6人 43.3人 44.5人 40人 44.8人
1日平均入院患者数 0.4人 0.9人 0.9人 0.9人 1.2人
お電話でのお問い合わせ(24時間365日対応)
048-736-1221