院長挨拶・病院概要

トップページ > 院長挨拶・病院概要

院長挨拶

院長 橫尾 彰文

当院はこれからの高齢化社会に対応し、IMS(イムス)グループの理念である
「愛し愛される病院」を目指して、安心と最良の医療、そして365日休まず、
集中的なリハビリテーションを実践して患者様の自宅、社会復帰を強力に支援
してまいります。また患者様やご家族のご要望やご意見にお答えできるよう
職員の一人一人が「患者様にとって一番いいことはなにか」を基準に行動してまいります。

当院の大きな特徴の一つに回復期リハビリテーション病棟と一般病棟の併設があります。

回復期リハビリテーション病棟では、365日休まず、集中的なリハビリテーションを実践しています。医療専門職のスタッフは患者様個々にチームを組み、日常的に情報を共有することで、患者様とご家族に安心感と信頼感を与え、より効果のあるリハビリテーションが可能となるよう努めています。

一般病棟では高齢化社会に対応し、消化器疾患、脳梗塞、心疾患、肺炎、人工呼吸器、癌末期などの患者様が入院されており、消化器内科、循環器内科、一般内科、整形外科、泌尿器科など各専門医が誠意を持って対応し、質の高い専門的な医療を提供しています。

職員一同、「患者様にとって一番いいことはなにか」を常に考えながら、病院の理念である「地域から必要とされ、愛し愛される病院」の実現を目指して努力しています。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

病院概要

名称 IMS(イムス)グループ 医療法人社団 明生会
イムス札幌内科リハビリテーション病院
住所 〒006-0049 北海道札幌市手稲区手稲金山124番地
電話番号 011-681-2105
FAX番号 011-683-5370
開設者 中村 哲也
開設年月日 昭和38年5月(法人設立 昭和45年5月)
院長 橫尾 彰文
病床数
150床 回復期リハビリテーション病棟 80床
一般病棟(障害者施設等) 70床
職員数 266名 (平成30年8月1日現在)
内リハビリスタッフ 83名
診療科目 内科、消化器内科、循環器内科、リハビリテーション科、整形外科、泌尿器科
施設基準
◎基本診療料
回復期リハビリテーション病棟入院料1
体制強化加算2
障害者施設等入院基本料(10対1)
(夜間看護体制加算、看護補助加算)
診療録管理体制加算1
特殊疾患入院施設管理加算
療養環境加算
医療安全対策加算2
感染防止対策加算2
監査サポート体制充実加算
後発医薬品使用体制加算1
入退院支援加算1、地域連携診療計画加算
認知症ケア加算2
入院時食事療法(Ⅰ)、入院時生活療養(Ⅰ)
データ提出加算1
◎特掲診療料
がん患者リハビリテーション料
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
リハビリテーション初期加算
薬剤管理指導料
電子的診療情報評価料
医療機器安全管理料1
検体検査管理加算(Ⅱ)
CT撮影及びMRI撮影
敷地面積 25,553平方メートル(7,743坪)
延床面積 8,960平方メートル(全病室 1人当たり約8平方メートル)
建物構造 耐火構造・地上3階地下1階(東・西・南館)・全病棟にオゾン脱臭装置
設備 総合リハビリテーションセンター(理学療法室+作業療法室) 約430㎡
言語聴覚療法室  3室
ADL室                  1室
ストレッチャー対応型機械浴槽 2台
個室:1床14㎡以上(17室)
2床部屋~4床部屋:1床8㎡以上
医療機器 16列MD-CTシステム
各種内視鏡システム(上部・下部消化管/嚥下内視鏡/膀胱尿道内視鏡)
超音波診断装置(腹部/心臓(心エコー)/頸動脈/下肢静脈など)
全自動血球計測器・生化学自動分析器(SIEMENS社) etc
介護事業 居宅介護支援事業所、居宅サービス(訪問リハビリ・通所リハビリ)
内科リハビリに関する緊急受診はこちら!011-681-2105
ページトップへ戻る