IMSグループ医療法人社団明芳会 イムス東京葛飾総合病院

  • 無料 Web診療相談(無料)
  • オープニングスタッフ募集
  • 代表番号0356709901
  • 心疾患に関する緊急受信依頼 24時間対応しております 詳しくはこちら

女性泌尿器治療(腹圧性尿失禁・骨盤臓器脱)

骨盤臓器脱手術

腹腔鏡下仙骨膣固定術(LSC) ・ロボット支援下仙骨膣固定術(RSC)

医療用メッシュ(衝立となるもの)を脱の原因となっている部位に挿入し、それを仙骨前面に固定することで下垂を修復する手術です。経腟的メッシュ手術(TVM手術)に比較して手術時間は長いですが、出血量は少なく、臀部~大腿痛が無いことと性生活に影響の少ないことが特長です。TVM手術が禁止されている50歳未満の年齢の方にも行うことができ、子宮筋腫や良性卵巣腫瘍の合併がある方は同時に治療することも可能です。

RSCとLSCの比較

手術時間:RSCが短かい。
精密・繊細度:RSCが圧倒的優位である
合併症・出血量・傷の大きさ:差はない

当院での治療スケジュール

約1週間の入院で行っております。

1日目 入院日 14時頃に入院
2日目 手術日 手術を行います。
手術後は尿道カテーテル(おしっこの管)が入っています。
3日目 食事や歩行が可能になります。
4日目 尿道カテーテルを抜き、排尿状態を確認。
5日目以降 創の痛みなどの病状をみて退院となります。
退院後気をつけること

普段通りの生活が可能ですが、重いものを持つことや性交渉は1ヶ月程度控えて頂いてます。また便秘を避けるために、必要であれば内服をしていただきます。

費用について

骨盤臓器脱手術(LSC、RSC)は保険適応になっています。