IMSグループ医療法人社団明芳会 イムス東京葛飾総合病院

  • 無料 Web診療相談(無料)
  • オープニングスタッフ募集
  • 代表番号0356709901
  • 心疾患に関する緊急受信依頼 24時間対応しております 詳しくはこちら

診療科目

乳腺外科

Breast surgery

当科の特徴と概要

乳癌学会認定の乳腺専門医が診療を担当します。
東大病院腫瘍外科、がん研究会付属病院乳腺外科などで研鑽を積んだ経験をもとに丁寧に診察いたします。
わかりやすい説明を心がけております。
予約なしでも診察を受けられますが、予約の患者様が優先となるため待ち時間が長くなります。できるだけ電話で予約して受診してください。

当科の対象となる主な疾患

悪性疾患 乳がん(男性乳がんも含む)、間質肉腫、血管肉腫などの乳腺悪性腫瘍
良性疾患 線維線種、葉状腫瘍などの乳腺良性腫瘍、乳腺炎、乳輪下膿瘍、乳腺症、乳頭異常分泌、
ホルモン異常による乳房痛、女性化乳房症

乳癌検診で異常を指摘されて精密検査が必要な方もご相談ください。

当院で行える検査・術式

・触診、乳腺エコー、マンモグラフィー、造影MRI
・穿刺吸引細胞診・吸引式組織生検(エコーガイドで穿刺を行っております)
・PET/CT(提携病院にて施行)
・センチネルリンパ節同定(CTを用いてリンパ管造影を行います。手術中には色素法を併用します)
・乳がん根治手術(乳房温存・乳房全摘)
・化学療法・ホルモン療法・分子標的治療

マンモグラフィー

マンモグラフィーは乳房専用のレントゲン検査です。乳房を挟んで写真を撮りますが、立体的な乳房を平面に投影するのでできるだけ重なりが生じないように強めに圧迫して引き延ばして撮影します。人によっては痛みを感じてしまうため敬遠されがちですが、適切に圧迫すればそれほどつらいことはありません。一枚の写真で片方の乳房ほぼ全体を写せるため、左右の比較・過去の所見との比較がしやすいのが特徴です。乳癌に時々みられる特徴的な石灰化をきちんと評価できる検査はマンモグラフィーだけです。弱点としては乳腺ボリュームの豊富な若い女性や硬くなってしまった乳腺では乳癌が見つかりにくいことが挙げられます。このような場合は乳腺エコーを併用してカバーします。

乳腺エコー

超音波のビームを用いて乳腺の断面図を描出する検査です。乳腺が厚い若い方でも隠れているしこりの真上に装置を当てればしこりの断面が画面に映り、腫瘍なのか水が貯まったカプセルなのかがよくわかります。しこりが良く見つかり痛みを伴わないのでマンモよりエコーを好む方がいらっしゃいます。しかしエコーで一度に画面に出せるのは乳腺のごく一部分だけなので、全体を見るためには乳腺をくまなく滑らせてスキャンする必要があること、記録にも断片的な写真しか残せないことから以前の所見との比較が難しいことなど欠点もあります。一方で「血流信号」や「エラストスコア(硬さの数値)」といったエコー独特の所見が乳癌診断に役に立つことも多く、マンモグラフィーと並んで乳癌を調べる検査として重要です。

山の状態を評価することに例えると、マンモグラフィーは遠くから山全体を見渡して森の茂り方に異常がないかを俯瞰する検査、乳腺エコーは一本一本の木を調べて不具合の原因を探る検査といえます。エコーだけだと「木を見て森を見ず」という結果に終わってしまう可能性があるのです。

CTリンパ管造影とセンチネルリンパ節

癌細胞がリンパ管経由でリンパ節に転移を起こすときに「一番最初に癌細胞が流れ着く」リンパ節を「センチネルリンパ節」と呼びます。「リンパ節転移が起きているかどうか」を調べるためにリンパ節を切除するときにやみくもにリンパ節をごっそり切除しないでもピンポイントでセンチネルリンパ節を調べれば転移が生じているかどうかを確認できることになります。通常は放射性同位元素を用いて取り込まれるリンパ節を探すRI法がよく使われますが、CTを用いてCTリンパ管造影を行うとリンパ液の流れとセンチネルリンパ節の周辺臓器との解剖学的な位置関係がとらえやすくなり手術がやりやすくなります。術前にCTリンパ管造影を行ってセンチネルリンパ節の位置をマーキングしておけば術中に色素法を併用することでセンチネルリンパ節を正確に探し出すことができます。

外来スケジュール

担当医表は横にスクロールできます。

診療受付時間
 
AM
8:00~12:30
診察開始時間
9:00~
武藤 泰彦 武藤 泰彦 武藤 泰彦 武藤 泰彦 武藤 泰彦
PM
13:00~17:00
診察開始時間
14:00~
武藤 泰彦 武藤 泰彦 武藤 泰彦

休診・代診情報

2022年11月16日更新

2022年11月16日(水)AM 受付時間変更 11:00まで

医師紹介

 

医員
武藤 泰彦
むとう やすひこ

経歴 昭和60年 東京大学医学部医学科卒業
経歴 日本外科学会専門医
日本外科学会指導医
日本乳癌学会専門医
マンモグラフィー読影医 A認定
乳腺エコー読影医 A認定