ごあいさつ

病院理念

イムス三芳総合病院の5つの基本方針

  • 地域の中核病院として、一人でも多くの患者様のニーズに応えるために全力を尽くす。
  • 連携組織と協力し、24時間救急医療体制を提供する。
  • 地域医療機関、地域施設と連携した切れ目のない医療を構築し、地域のニーズに応える。
  • 進歩する医療レベルを常に意識し、研鑚に努め、教育研修を推進する。
  • 接遇マナーとコミュニケーション能力を備えた職員を尊重し、かつ育成する。

患者様の権利

  • 人間としての尊厳を尊重しプライバシーの保護を受ける事が出来る
  • 治療方針、病状経過予後等について説明を受け、自己の自由意思により治療を選択する事が出来る
  • 他医の意見を求める事が出来る
  • 病院を自由に選択し、また変更する事が出来る
  • 自らの診療録の開示を求めることが出来る

患者様の義務

  • 患者様は良質な医療の提供を受けるために、
    ご自分の健康に関する情報をできる限り正確に医師や看護師に提供してください。
  • 患者様は適切な医療の提供を受けるために、
    他医療機関と連携して診療にあたり紹介・転院することがあることをご理解ください。
  • 全ての患者様が適切な療養環境で治療に専念できるように、
    社会的ルールや病院の規則、職員の指示を守ってください。
  • 適切な医療を維持していただくために、
    医療費を遅滞なくお支払いいただくことが必要です。

病院長ごあいさつ

イムス三芳総合病院 病院長 田和 良行

平成27(2015)年4月よりイムス三芳総合病院院長に就任し、7年が過ぎました。就任後肝臓内科を標榜し、肝炎、肝硬変、肝細胞癌など肝疾患の治療を中心に内科診療を行い、救急車対応など総合診療科的活動もしています。  地域よりご紹介を賜り、感謝しております。
 イムス三芳総合病院は昭和52年5月に三芳厚生病院として開院、平成19(2007)年11月に改称、さらに平成25(2013)年3月、現在病院のある地に新築移転となった病院です。新築移転後は特に、救急診療へ注力してまいりました。救急隊の方からは直接感謝のお言葉も聞きますが、まだまだ道半ばと考えています。
 2020年1月に初めて国内発生した新型コロナウイルス感染症は、日本だけではなく、世界を変えました。世界中でさまざまな都市のロックダウンが行われ、日本でも緊急事態宣言が何度も発出されたことはご存知の通りです。当院では、一昨年度から引き続き、昨年度も社会的な役割を果たすことを使命として、コロナ患者の受け入れ、発熱外来、コロナワクチンの医療従事者接種、高齢者優先接種、通常接種と、ほぼすべてのコロナ関連業務に協力いたしました。
 患者・家族・スタッフの動線を分け、感染対策を強化し、一般の診療を継続しながらコロナウイルス感染症患者に対する対応も継続いたしました。対応をしながらも、入院患者家族の面会中止はせず、制限のみで対応し続けています。幸運なことに、未だに院内クラスターは発生せず、通常業務を続けることができています。
 昨年度春から継続して実施しているワクチン接種は三芳医会のご配慮のもと、当院、埼玉セントラル病院、三芳野病院、ふじみの救急病院の4病院で精力的に接種を進め、高い接種率とすることができました。これからも接種を進めていく予定です。
 どうも「ポストコロナ」と言われる時代は無理なようです。しかし「ウィズコロナ」として、コロナの感染患者が出ても、皆が安心して生活できるよう、地域に貢献していきます。今まで通り、病院の役割として、通常診療を行えるよう工夫していきます。今年度もイムス三芳総合病院を宜しくお願いします。

 令和4(2022)年4月1日